[Windows10]]Office 2019の更新プログラム適用方法について[WSUS][Office 365 CDN]

はじめに
  • Office 2019の更新プログラムをWSUSで同期可能か?
  • Office 2019の更新プログラムをWSUSからクライアントに配信可能か?
  • Office 365 CDNの利用が必須なのか

など、現在の状況を確認しました。

C2R 版のOffice2019ではWSUSでの更新プログラム管理は不可

はじめに、WSUS では MSI 版の更新プログラムの管理のみを行っています。
Officeには

  • クイック実行版(C2R)
  • MSI 版

の2 つの形式があり、Office 2019ではクイック実行版(C2R)のみとなっていました。
そのため、C2R 版のOffice2019 については WSUS で更新プログラムを管理不可ということが分かりました。

[参考]

Office 2019 の更新 (IT 担当者向け)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/office2019/update

最後に

Office 2019をWSUSで管理することは難しそうな状況です。

社内のWindowsPC、マイクロソフト系ソフトウェアをWSUSで一元管理したいところですがOffice 365 CDNとの併用をする必要がありそうです。

Office 365 CDNとは

Office 365 Content Delivery Network (CDN) クイック スタート

よく読まれている記事

様々なベンダーがWindows10の運用効率化を謳っていますが、なかなか実運用に耐えうる製品がないように感じます。 Windows10の機能アップデートをWSUSで管理すべきか。現場で得た情報から私が考える運用方針をまとめます。

Windows10関連まとめ

「Windows10」の記事一覧です。