[Windows10]Windows10,version 1903 laterの製品と分類の定義[WSUS][2004配信されない]

はじめに

いつのまにかWSUSの”製品と分類の定義”に表示されていた

  • Windows10,version 1903 later
  • Windows10,version 1903 later , Upgrade & Servicing Drivers
  • Windows10,version 1903 later , Servicing Drivers

といった項目が何なのか、調査しました。

Windows 10 1903以降のビルドバージョン向けの更新プログラム

以前から項目にあった「Windows 10」を選択した場合

→Windows 10 1809 までの更新プログラムが同期

製品に「Windows 10 , version 1903 and later」を選択した場合は
→Windows 10 1903 以降の更新プログラムが同期

と分類されています。明示的に「Windows 10 , version 1903 and later」を選択しなければ、Windows 10 1903 以降の更新プログラムは同期されない、ということですね。

なお「Upgrade」は、Windows10 の機能更新プログラムが同期されます。

そのため、機能更新プログラム(ビルドバージョンのアップグレード)をインストールしたくないときは、同期をしないか承認せずに未承認か拒否とすることでクライアントへ勝手に更新されることを防止できます。

また、さらに細かい分類をみてみると、

「Upgrade & Servicing Drivers」と「Servicing Drivers」 は、
Windows 10 1903 以降の更新プログラムや機能更新プログラム用に
ベンダーから提供されたドライバであり、以下マイクロソフト社の情報をみると、含まれるドライバが異なるようですが、どのように分類されているかは不明です。

[参考]
WSUS で選択する Windows 10 の製品分類について
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/cd0efc3b-fb9c-441a-a62e-79ff128c83ca/wsus-1239136984252461237712427-windows-10

同期する分類と製品の構成
https://docs.microsoft.com/ja-jp/mem/configmgr/sum/get-started/configure-classifications-and-products

よく読まれている記事

様々なベンダーがWindows10の運用効率化を謳っていますが、なかなか実運用に耐えうる製品がないように感じます。 Windows10の機能アップデートをWSUSで管理すべきか。現場で得た情報から私が考える運用方針をまとめます。

Windows10関連まとめ