【解説とオススメ】液晶ディスプレイ購入の前にディスプレイケーブルの種類を理解しよう【DisplayPort/HDMI/VGA/DVI】

はじめに

パソコン本体と液晶ディスプレイを接続する際のディスプレイケーブルで、
何を使えばいいか迷うことがあるかと思います。
ディスプレイケーブル(端子)の種類とおすすめディスプレイケーブルをまとめました。

ディスプレイケーブル(端子)の種類

以下の表に整理しました。

DisplayPort/
mini-Displayport
HDMI VGA(D-Sub) DVI
正式
名称
DisplayPort High-Definition Multimedia Interface Video Graphics Array
準拠端子
Digital Visual Interface
特徴 デジタルの映像と音声信号を劣化無しで伝送。
主にPCで採用。
複数ディスプレイを数珠つなぎでマルチディスプレイ環境を作れる。
デジタルの映像と音声信号を劣化無しで伝送。
PC、ゲーム機、レコーダーなどで広く使用。
主にPCとディスプレイの接続。
映像のみを伝送。
デジタル信号のみのDVI-Dと
デジタル・アナログ両方に対応したDVI-Iの2種類。
デジタル/
アナログ
デジタル デジタル アナログ デジタルのみ/デジアナ両方
コネクタ形状
(Wikiより)
https://ja.wikipedia.org/wiki
/DisplayPort
https://ja.wikipedia.org/wiki
/HDMI
https://ja.wikipedia.org/wiki/
VGA%E7%AB%AF%E5%AD%90
https://ja.wikipedia.org/wiki/
Digital_Visual_Interface
音声

特にポイントなるのは以下の2つだと思います。

  1. デジタルorアナログ
    結論としては、デジタルに対応した端子を持っている機器であればデジタルを選択すべきです。アナログ通信のVGAは最大出力解像度は2048×1280までとなる上、
    フルHD(1920×1080)を超える2560×1600以上のモニターへの接続は対応不可のためです。
  2. 音声を伝送したいかどうか
    表を見て分かる通り、映像だけでなく音声も伝送する場合はDisplayPortかHDMIのいずれかとなります。そのためVGAなどを選択する場合は別途オーディオケーブル等の配線が必要となります。

シーン別のおすすめディスプレイケーブル

パソコンと接続したい

スマートフォン/タブレット/カメラと接続したい(HDMI-マイクロHDMI)

ゲーム機とディスプレイを接続したい

(参考)mini DisplayPort / Thunderboltと接続したい

USB-TypeC/Thunderbolt3で接続したい

【番外】HDMI搭載のおすすめ液晶ディスプレイ

ディスプレイケーブルと共に液晶ディスプレイを検討される場合は以下がおすすめです。
フレームレスやFPSなどのゲーム向けのものなど、最近では1万円台から揃っています。


入力端子:HDMI×2/DisplayPort×1/VGA×1


入力端子:HDMI/D-Sub


入力端子:HDMI×2/ミニD-Sub