実用的ショートカットまとめ2021年版[Chrome][Mac][Windows]

はじめに

パソコンは道具でしかないと思っていますが、ショートカットをうまく使いこなせると作業が捗るので大切です。

ということで忘備録兼ねてキーボードショートカットの整理です。

仕事でWindows、プライベートでMac、共通してChromeのブラウザを使ってるのでその3つのショートカットをご紹介します。

1. Google Chorme

PCを操作する時間≒ブラウザをみてる時間という方も多いのではないでしょうか?
まずは、Chormeのショートカットキーです。

新しいタブを開くCtrl+t

新しいウインドウを開くCtrl+n

リンクを新しいタブで開くCtrl押しながらリンクをクリック

タブ間の移動Ctrl+Tab反対方向はCtrl+Tab+Shift

指定したタブの移動Ctrl+1(一番左のタブ)Ctrl+2(左から二番目のタブ)、順次

タブを閉じるCtrl+w

ページ内検索ウインドウを開くCtrl+f

さきほど閉じたタブを再び開くCtrl+Shift+t

Chromeごと閉じるCtrl+Shift+w またはalt+F4

ページの閲覧履歴の一つ前へもどるBackSpace

ページの閲覧履歴の一つ先へすすむBackSpace+Shift

ブックマークへ追加Ctrl+d

ブックマークバー表示/非表示の切り替えCtrl+Shift+b

URLバーを選択Ctrl+lまたはF6

※ChromeだとURLバーから直接検索もURL指定も出来るのでよく使う。

ページ再読み込みF5

映画ソーシャルネットワークのラストシーン。元彼女のFBリロードするやつ。

キャッシュを無視してページ再読み込みCtrl+F5

2.Mac(unix系全般にいえるかも)

Macはコントロールキーをうまく使うと作業効率があがります。
主に文字入力のカーソル移動系です。

上の行へ移動Control+p

下の行へ移動Control+n

一文字右へ移動Control+f

一文字左へ移動Control+b

行頭へ移動Control+a

行末へ移動Control+e

カーソルの右の文字から行末まで削除Control+k

※Control+aとかControl+kがうまく使えるとBackSpaceDelete連打しなくて済むんだよね。。。

Control+kで切り取った文字を貼付けControl+y

3.Windows

アプリケーションの切り替えAlt+tab

アプリケーションキー(右下のCtrlの左?)+W+F →新しいフォルダ作成

ゴミ箱に残さずに捨てるShift+Delete

ゴミ箱にいれても容量減らないし、ゴミ箱を空にする手間が省ける。

すべてのウインドウを最小化してデスクトップ表示windowsキー+d

開いてるウインドウ右寄せwindowsキー+→

開いてるウインドウ右寄せwindowsキー+←

さいごに

Mac、Windowsに共通しますが、

キーボードのAの左にCapsLockが配置してあって、これをCtrlキーに変更すると、極力ホームポジションのまま様々な入力が出来たりする。

最近のノートパソコンはみんなこの配列なのかな?

CapsLockってほとんど使わないと思うのでおすすめです。

CapsLockキーをCtrlキーに変更、アプリケーションキーの配置も変更

厄介なのが、WindowsのCtrlキーで出来るショートカットがMacだとcommandキーとControlキーに分散されてる。

ので、まったく同じように使えるわけじゃないのがややこしいですね….

今この瞬間からはじめることができるPCの作業を劇的に高速化する方法を紹介します。
はじめにGoogle製ブラウザChromeでブラウジングをする際によく使うキーボードショートカットキーを以下でまとめています。ここにまとめたショートカットキーで大半の作業はマウスを使わずにキーボードで完結できるのですが、唯一キーボードで操作
CapsLockキーをCtrlキーに変更、アプリケーションキーの配置も変更
私がこれまで業務をする上でこれは効率がよくなる!と考えて書き留めておいたサクラエディタで使えるショートカットキーのリストを公開します。まだサクラエディタをインストールしていない、という方は以下からダウンロードしてみてください。高速、軽量のフ

PowerPointショートカットまとめ【2018年版】

はじめに私がこれまで業務をする上でこれは効率がよくなる!と考えて書き留めておいたExcelショートカットキーのリストを公開します。あとで、また詳しい説明を更新します。Noコマンド説明1alt+hba選択範囲に罫線を引く2alt+hh選択範囲