WSUSのバージョン確認方法とバージョン表記まとめ[3.0と4.0の違い]

はじめに

WSUSのバージョン確認方法とバージョン表記が分かりにくかったのでまとめます。
WSUSに関する記事まとめはこちら

「WSUS」の記事一覧です。

WSUSのバージョン確認方法

以下手順です。

  1. WSUS管理コンソール・スナップインを開く
  2. 左メニューからWSUSサーバ名をクリック
  3. 「概要」グループ内の「接続」内のサーバー バージョン

こちらに表示されます。

先述の方法以外では、メニューバーのヘルプ>Update Servicesのバージョン情報からも確認できますが、こちらで表示されるバージョンは、バージョンアップした場合も古いバージョンのままとなるケースがあるようです。

WSUSのバージョン表記まとめ

以下がWSUSのバージョン表記のまとめです。

名称 バージョン表記 コメント
WSUS 3.0 SP2 3.2.7600.xxx 通称 WSUS 3.0
Windows Server 2008 SP2から、WSUSを必要に応じて追加できる機能としてOS に標準搭載。
Windows Server 2012 WSUS 6.2.9200.xxxxx 通称 WSUS 4.0
古いドキュメントを調査するとWindows Server 2012搭載WSUSはWSUS 4.0 と表記あり。
Windows Server 2012 R2 WSUS 6.2.9600.xxxxx 通称 WSUS 4.0
Windows Server 2016 WSUS 10.0.14393.xxx

WSUSがOSバージョンに紐付いていなかった旧バージョンでは、WSUS 3.0という名称で管理されていたのですが、Windows Server 2012に搭載されたタイミングでWSUS 4.0という表記から、Windows Server 2012 WSUSといったOSバージョンがアタマにつく表記で管理されるようになりました。そのため、Windows Server 2012 WSUSの情報を集める際はWSUS 4.0で検索をかけると、古い情報となってしまうので注意ください。

さいごに

簡単ですが、WSUSのバージョン確認方法とバージョン表記が分かりにくかったのでまとめました。WindowsクライアントPCの更新プログラムの管理方法としてWSUSを導入・運用されている方は参考にしてください。

参考リンク